統合医療やまのうち小児科・内科

佐賀市の 小児科 アレルギー 漢方 東洋医学なら 統合医療やまのうち小児科・内科

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
TEL 0952-33-8500

rss

心の扉を開く

心の扉を開く

心の扉を開く

「心のストレスを減らすと、病気が治りやすくなりますよ」

「心のストレスが少ないと、病気になりにくいですよ」


結局、僕がみなさんに伝えたいのはこれです。

心のストレスを減らすこと≒心の扉を開けること、です。


心が開いた状態で思いついた言葉を届けたいと思います。

心に響く言葉があれば、その言葉を心のなかで繰り返してみてください。


心の扉を開いた時、そこにあるのは

・何の気負いも、緊張も、深刻さもない、素のままのリラックスした自分。

・「頑張らなくても、そのまんまの自分でいていいんだよね」という自分を許す心。

・「何の根拠もないけれど、そんな自分で大丈夫」という本当の自信。

・「自分って素晴らしい。ひとってみんな素晴らしい」という気持ち。

・「自分って腹黒い、そんな自分でもいいよね。
 実は、みんなも少しはあるよね?それでいいよね!」という人生を楽しむ気持ち。

・すべてのものを否定しない、み~んな◯、全部◯の世界。

・いま、ここ、あるがままを楽しむ気持ち。

・「風が心地よく吹き、日差しも暖かく包んでくれる。
 世界って優しかった!!」という気づき。

・見るほどに みなそのままの 姿かな 柳は緑 花は紅 by一休


心が開くと

・「自分が」という自力が薄れて、「おかげさまで」という他力が増えます。

・何でもコントロールしようとする無駄なエネルギーが減って、
 流れに身を任せる「知恵」がつきます。

・余ったエネルギーで、やりたいことができるようになります。

・我慢して言えなかったことが、言えるようになります。

・批判する気持ちが減って、穏やかになります。

・肩こりや頭痛が減ります。手足が温かくなります。健康になります。

・何かが足りない、と思っていた心が満たされます。

・孤独感が消え優しさに包まれます。

・問題が起きても「まあいいかぁ」と慌てなくなります。


心を開くって

・自分の弱みを認めて、人に見せるということ。

・頑張って築いてきた、プライドを捨てること。

・プライドに頼りたくなる「心の弱さ」を認めること。

・世間から白い目で見られないように着ていた「心の鎧」を脱ぐこと。

・常識を捨てて、自分基準を取り戻すということ。

・「~すべき」というこだわりの気持ちを手放すこと。

・「ちゃんとする」をやめて、「やんちゃ」「おてんば」な自分を取り戻すこと。

・「いい人」を演じるのをやめて、本当にやりたいことをすること。

・「心が無防備な状態でも大丈夫!」と周りの人、世間を信じること。

・過去の後悔、未来の心配を手放すこと。手放せなくても、
 「後悔、心配があってもいいよ!」と、その感情と戦わないこと。

・人の批判をしないこと、自分を責めないこと。

・流れに身を任せること。

・トキメクことを優先すること。

・「頑張る」は今の自分のままではダメという自己否定だから、頑張らないで楽しむこと。


心の扉を開けることができるようになると、身も心も軽くなりますよ。

2016-08-05 10:21:08

らくなちゅらる記事   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント