統合医療やまのうち小児科・内科

佐賀市の 小児科 アレルギー 漢方 東洋医学なら 統合医療やまのうち小児科・内科

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
TEL 0952-33-8500

rss

トップページ»  当院のブログ»  らくなちゅらる記事»  心の奥に眠る本氣を見つける

心の奥に眠る本氣を見つける

心の奥に眠る本氣を見つける

心の奥に眠る本氣を見つける

引寄せの法則が見直されているようです。
「ザ・シークレット」が流行った時は、我欲を叶える方法、お金持ちになる方法として、単に「真剣に願えば叶う」ものだと思っていました。

誰でも好んでつらい状況になりたいと思っているわけではありません。
しあわせになりたいと思っているはずです。
ただ、今つらいと思っている状況にあることも、もしかすると以前の自分(潜在意識)が望んでいたことかもしれません。

例えば、罪悪感をもっている場合。
「自分は罰せられて当然である」と思っていたり、幸せな状況が自分には「そぐわない」「不釣り合いである」と感じていたりする人は意外と多いようです。
つまり、潜在意識が幸せになることを拒んでいるかもしれないのです。
引寄せの法則の本質は、潜在意識が現実に反映するということ、そして、本当に大事なのは「何を願うのか」ということのようです。

お金持ちになりたいと、多くの人は思うと思います。
僕もそうです。
ではなぜお金がほしいのか? お金があったらどんな自分でいられるのか? どういう自分になりたいのか?

僕の場合は、心の余裕であったり、安心感であったりします。
それってお金がなくても既に、そこにあるものかもしれません。
問題はお金がないことではなく、満たされない思いがあること。
その満たされない思いを、お金で埋め合わせようとしているのです。

であるなら、願うべきはお金ではなく、満たされた自分になること、満たされた自分だったら何がしたいか? ということになります。
結局、「本当にやりたいことをやり、やりたくないことをやめる」ここに戻ってきます。

後回しにしてきた「やりたいこと」をやってみる

今、やりたいことがわからない場合でも、その思いは、必ず心の奥で「熱」と「輝き」をもって待ってくれています。
やりたくないことをやめると、輝きが増してエネルギーが増えてきます。
やりたくないこととは、やるべきだと思ってしていること、世間の常識としてやらなければいけないと思っていること。
乗り気がしないのに、習慣でなんとなくやっていることなどです。

やりたくないことをやめてみると、恐怖心が起きるかもしれません。
そこは勇気を持って手放してみましょう。
そして、5分でも良いので、普段は後回しにしてやっていなかったこと、好きなことをやってみてください。

気になっていた本を読む、テレビを見る、ぼーっとする、ショッピングをする等々。
普段こういうことをして時間を潰してしまっている人は、本を封印、テレビのスイッチを切る、片付けをする、無駄な買い物をしない。
と逆のことをしてみましょう。

自分の機嫌は自分の責任ひとの機嫌はひとの責任

幸せな現実を引き寄せるには、とにかく「いい気分 feel good」でいることが大切です。
無理やり思い込もうとしてもうまく行きません。
まずは、マイナスの感情をしっかりと受け入れることから始めましょう。
例えば「腹立つなぁ」と思ったら、「そうなんだ腹が立つんだね。
いいよ、そう思っていいよ」と、その思いを受け止めてあげましょう。
イライラ、不安、不満、悲しみ、つらさ、いやだなぁという気分、すべての思いを「そう思っていいよ」と言って全て引き受けます。

その上で気分を良くすることができる魔法の言葉を繰り返してみましょう。
「♪るんるるん♪らんららん♪」

調子の良い時に出てくる鼻歌でも構いません。
一瞬で気分が変わります。
いいことがなくても、いい気分でいることはできるのです。

ひとの機嫌ばかり気にしていたら、自分の機嫌を損ねます。
自分の機嫌は自分の責任です。
ひとの機嫌はその人の責任です。
自分が気分良く過ごせる工夫をしましょう。
良い気分には良い現実が訪れるのが、引寄せの法則なのですから。

2017-07-22 09:13:44

らくなちゅらる記事   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント