統合医療やまのうち小児科・内科

佐賀市の 小児科 アレルギー 漢方 東洋医学なら 統合医療やまのうち小児科・内科

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
TEL 0952-33-8500

rss

トップページ»  当院のブログ»  らくなちゅらる記事»  バーストラウマを癒やす

バーストラウマを癒やす

バーストラウマを癒やす

今回は、自分の体験を書いていきたいと思います。

 高校生の頃、時々強烈な孤独感に襲われることがありました。その時の心境は「どうせだれも自分のことはわかってくれない」「自分も他人の心は知ることができない」「結局自分は一人ぼっち」などの思いで頭がいっぱいになっていました。この考え自体、矛盾はありませんし、誰もが感じていることだと思っていました。でも、時々襲ってくるこの感覚の度に、強い寂しさを感じていました。

 その後、スピリチュアルな考え方や「心」について勉強していく中で、「内観」のセミナーを受ける機会がありました。「内観」とは一種の心理療法で、一般的には約1週間かけて 母、父、兄弟など自分の身近な人に対して関わりを、してもらったこと、それに返したあげたこと、迷惑をかけたことの3つのテーマにそって繰り返し思い出す方法です。この方法によって自己像や他者像の変化が起きて、精神的に安定することが期待できます。

 私が受けた内観は、通常の内観をアレンジしたもので、対象となる人への不平不満や愚痴など、思いつく限りのマイナスの言葉を紙にどんどん書いていくという、記述式内観でした。

 受ける前は、もともと両親から愛情をかけてもらっていたという自覚があったので、それほど大きな期待はしていませんでした。土日の休みをつかって、朝から夕方まで他の参加者の方と一切おしゃべりなどもせず、徹底的に自己の内面を掘り下げていく作業が続きました。ある程度まで書き続けると、何を書いて良いのかわからなくなり、完全に書く手が止まってしまいました。それでも、なにかすっきりしない感じが残っていたので、唯一心に引っかかっていたことを書いてみることにしました。それは、「生まれた時に、軽い肺炎を起こして保育器に入れられていた」という話を両親から聞いていたことでした。この件に対して、自分の記憶は無いし、両親への不平不満があると思ったこともなく、書くべきかどうか迷っていました。当時の赤ちゃんの気持ちになったつもりで、書いていくと、「寂しい」「一人にしないで」「そばにいて欲しい」「なんで誰もいないの?」などという言葉が、次々に湧いてきました。書いていると、自然に涙が流れてきます。その感情を書ききった時に、心の底からの安心感や幸福感を感じることが出来ました。また、世界がイキイキと輝いて見える感じがして、大げさな表現かもしれませんが、生まれ変わったような感覚でした。以前から感じていた孤独感はこのことが原因だったと、直感的に理解できました。実際その後、強烈な孤独感を感じることはなくなりました。

 精神世界の書籍などで、バーストラウマやインナーチャイルドについての知識はありましたが、実際にバーストラウマを癒すことで、ここまで精神的な効果があるということを、身をもって体験できました。母親との分離感(セパレーション)は、宇宙との分離に直結し、このセパレーション感覚が、すべての悩みの原型となっているという人もいます。
(つづく)

2013-09-10 10:24:03

らくなちゅらる記事   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yamanouchishounika.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/s8884044/EID/14

トラックバック記事一覧