統合医療やまのうち小児科・内科

佐賀市の 小児科 アレルギー 漢方 東洋医学なら 統合医療やまのうち小児科・内科

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
TEL 0952-33-8500

rss

トップページ»  当院のブログ»  らくなちゅらる記事»  全てに◯(マル)をつける

全てに◯(マル)をつける

全てに◯(マル)をつける

全てに◯(マル)をつける

自己肯定感を高めることが幸せになり、子育てもうまくいく秘訣として紹介してきました。そうはいっても育児でついイライラが爆発したり、ずっと子どもと一緒にいると自分だけが取り残された感じがしたり、仕事をしていても、人間関係で悩んだり、毎日同じことの繰り返しで、気分が落ち込んだり、ため息ばかりついていたり、どうせ自分なんてと自己肯定できないことがあると思います。僕自身も、イライラが止まらなかったり、今日はブルーだなぁと感じることがあったりします。そういう時は以前、このコラムでも紹介した自分の感情を肯定する方法を実践しています。

(らくなちゅらる通信vol.90扁桃体の再教育と引き寄せの法則3で紹介した方法● 書籍「魂レベルですっきり解決」 みやがわみちこ著自分の中にわいてくる感情ひとつひとつに、『いいよ いいよ それでいい』と言ってあげる。『本当にそれでいいのかな?と不安になる気持ちも、いいよ いいよそれでいい。 そう思って、それでいい。』『自分がどんな感情を感じても、いいよいいよ それでいい。 あるがままで、それでいい。』自分の感情をいったん全部受けとめる。自分の感情と戦わない。これが究極の認め方だよ。)

この方法は、日々の診療でも、精神的なストレスを持つ患者さんに紹介しています。自分でも徹底的にやっていて、あることに気づきました。自分が認識できる世界は、「目に映ったもの」「五感が認識したもの」「テレビや新聞やインターネットから得た情報」「自分が思っている世界観」などです。結局自分の内面のすべてイコール世界そのもの、宇宙そのものなんです。自分の内面に湧き上がった思いや思考をすべて肯定するということは、自分の外側の世界もすべて肯定するということなのです。

頭はいつも差(違い)を見つけては、自分が良いと思う方に◯、嫌だと思う方に× をつけています。それって実は、宇宙の営みに対して、抵抗し、反抗し、裁いているのと同じです。宇宙にケンカを売って、様々なものにダメ出しをして、自分の周囲をなんとか自分の思う通りにコントロールしたいと思っているのです。それに気づいた時「うわっ、なんて傲慢だったんだ」と思いました。

自己否定する人は、宇宙の営みの一部である「素晴らしい」はずの自分にダメ出しをして、人に合わせないといけない、空気を読まないといけない、どうせ自分なんて、と言っているのです。自分を卑下しているようで、実はすごく傲慢なことなのです。 宇宙を神様と読み替えてみてください。そんな人が幸せな自分を見つけられるでしょうか?

もうあきらめましょう(笑)。どんなに言い訳してみても、みんな、素晴らしい宇宙の営みの一部なのです。尊敬するあの人も、大嫌いなあの人も、世界で起きている心温まる出来事も、悲しい出来事もみんな宇宙の営みの一部です。

すべての人や出来事に対して、まあいいか、そんな人もいる、そんなこともあるよねと認めて、「みーんな○(マル)」と心の中でつぶやき続けてみてください。

2016-07-12 15:37:07

らくなちゅらる記事   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント