統合医療やまのうち小児科・内科

佐賀市の 小児科 アレルギー 漢方 東洋医学なら 統合医療やまのうち小児科・内科

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
TEL 0952-33-8500

rss

トップページ»  当院のブログ»  ホロトロピックふれんど

ホロトロピックふれんど

日記 ホロトロピックふれんど 漢方心療内科 ・・・もっと見る>>
  • 件 (全件)
  • 1

ホロトロピックふれんどvol.2 後半

ホロトロピックふれんどvol.2の後半です。
 

同じような経験を繰り返す度に、その傷を守ろうと心が硬くなってしまいます。成長していく過程で、何度も何度も同じ刺激を受ける度に、最初に受けた傷を守るために鎧のようなものを作ってしまうのだと感じました。

この時は、そのまま眠ってしまいましたが、翌朝もなんとなく良い感じが続いており、幸せだなあと感じていました。でも、時間とともにまたいつもの日常のイライラなどの否定的な感情が戻ってきました。同じような瞑想をしましたが、なかなかあの時のような感覚になることはできませんでした。しかし、あの時の感覚は自分にとっては事実でした。またあの状態に戻ることができるだろうという、安心感のようなものはありました。

あの時気づいたことの中に、この美しい魂の光は、すべての人が持っているものだ、という確信がありました。生まれながらにすべての人が「美しい魂の光」を持っているのに、大人になるに連れて心をかげらせてしまいます。そして様々な否定的な感情を生み出しているだけなのです。その美しい光のまま大人になっていれば、みんな根拠のない幸せ感をいつも感じていられるはずです。多くの人は、「今のままの自分ではいけない。早く現状を変えてよりよい人にならなくては。」と現在の自分を否定して、理想の自分になろうとしています。しかし、本当は、「青い鳥はここ(自分の心)にいた」のです。何者にもならなくても、そのままの自分でも幸せになれるという、人生の答えを知った気持ちになりました。(続く)


2015-04-23 16:39:34

コメント(0)

ホロトロピックふれんどvol.2 前半

ホロトロピックふれんどvol.3
当院で配布中です。

vol.2に載せていただいた文章です。(vol.2 前半)

ホロトロピックって一体なんだろう?2

なんとなくモヤモヤした日が続いている。幸せを感じることがない。毎日なんだか楽しくない。このように思っている人は、結構多いのではないでしょうか。そういう僕も、そう思っていた時期がありました。日常に幸せを感じること。昨日より、より良い明日が待っていると思えること。「ホロトロピック」な感覚を身につけると、そういった根拠のない自信、根拠のない幸福感を感じることができるようになるようです。前回は、バーストラウマやインナーチャイルドについて少し触れました。「ホロトロピック」と精神的なトラウマがどう関係するのかということを考えていきたいと思います。

その前に、僕自身が経験した「気付き」についてお伝えしておきます。(前置きが長くなってなかなか本題にたどり着きませんが(;^_^ アセアセ・・・ご了承ください。)

その日は風邪っぽい感じで、漢方薬の葛根湯や小青竜湯などをたくさん飲んで、なんとか早く治そうと考えていました。葛根湯や小青竜湯には麻黄という覚醒作用のある生薬が配合されています。麻黄は発熱悪寒があって汗が出ない時、身体の各所に疼痛があるときに用いられる生薬です。最近はインフルエンザに麻黄湯が効くと評判になっていて、普通のお医者さんも処方されることが多くなっています。その時はどうやら麻黄が効き過ぎたようで、なかなか眠りにつけませんでした。その頃ちょうど、「想念観察」という瞑想を練習していたので、「眠れないのも丁度良い機会だ」と思って、瞑想することにしました。自分の思ったこと(想念)に気付いて、流すという作業を延々と続けていました。どれくらい時間がたったのか?寝ているのか、醒めているのかも定かではないという状態になりました。気付いた時には、真っ暗な闇の中に優しく明るく輝く「光のボール」のような物がイメージとして浮かんできました。すぐにこれは自分の魂だとわかりました。とても穏やかで、暖かく、美しく、純粋で一点の曇りもない光のボールでした。しばらくその光を感じていましたが、なんの過不足もなく、とても幸せな気分でした。では幸せではない状態とはどういうことでしょう?心の光を遮ってしまうような、分厚い鎧で光が遮られてしまうことだ、と直感的に理解出来ました。光が外に出られない時に不幸だと感じるのです。ではなぜその鎧が作られるのでしょう。赤ちゃんが生まれた時、その魂は完全に無垢で純粋な光だけの存在です。母の愛に包まれている間は、心の傷もなく、なんの恐れも疑いもない状態です。しかし、肉体的には空腹、睡眠、排泄など生理的な欲求を感じるので、泣くことで周囲の大人に伝えます。そのまま欲求が満たされれば、問題は生じません。これが自己肯定感の基礎になります。しかし、何らかの理由でその欲求が満たされない状態が続いた時、それは赤ちゃんにとっては命の危機です。こういった自分の要求が受け入れられない経験(自己否定感の基礎)を重ねることで、心に傷を作ってしまうようです。

2015-04-21 09:58:31

コメント(0)

ホロトロピックふれんどvol.1後半

(ここから、以前別の媒体で書いた文章を少し手直しして紹介します。ご了承下さい。)
 実は高校生の頃、時々強烈な孤独感に襲われることがありました。
その時の心境は「どうせだれも自分のことはわかってくれない」「自分も他人の心は知ることができない」「結局自分は一人ぼっち」などの思いで頭がいっぱいになっていました。
この考え自体、矛盾はありませんし、誰もが感じていることだと思っていました。
でも、時々襲ってくるこの感覚の度に、寂しさを感じていました。

「内観」は一種の心理療法で、一般的には約1週間かけて母、父、兄弟など自分の身近な人に対して関わりを、していただいたこと、お返ししたこと、迷惑をかけたことの3つのテーマにそって繰り返し思い出す方法です。
この方法によって自己像や他者像の変化が起きて、精神的に安定することが期待できます。
私が受けた内観は、通常の内観をアレンジしたもので、対象となる人への不平不満や愚痴など、思いつく限りのマイナスの言葉を紙にどんどん書いていくという、記述式内観でした。
土日の休みをつかって、朝から夕方まで他の参加者の方と一切おしゃべりなどもせず、徹底的に自己の内面を掘り下げていく作業が続きました。ある程度まで書き続けると、何を書いて良いのかわからなくなり、完全に書く手が止まってしまいました。それでも、なにかすっきりしない感じが残っていたので、唯一心に引っかかっていたことを書いてみることにしました。それは、「生まれた時に、軽い肺炎を起こして保育器に入れられていた」という話を両親から聞いていたことでした。この件に対して、自分の記憶は無いし、両親への不平不満があると思ったこともなく、書くべきかどうか迷っていました。当時の赤ちゃんの気持ちになったつもりで、書いていくと、「寂しい」「一人にしないで」「そばにいて欲しい」「なんで誰もいないの?」などという言葉が、次々に湧いてきました。書いていると、自然に涙流れてきます。その感情を書ききった時に、心の底からの安心感や幸福感を感じることが出来ました。また、世界がイキイキと輝いて見える感じがして、大げさな表現かもしれませんが、生まれ変わったような感覚でした。以前から感じていた孤独感はこのことが原因だったと、直感的に理解できました。実際その後、強烈な孤独感を感じることはなくなりました。
精神世界の書籍などで、バーストラウマやインナーチャイルドについての知識はありましたが、実際にバーストラウマを癒すことで、ここまで効果があるということを、身をもって体験できました。(つづく)

ホロトロピックふれんどの活動が広まっていくことを心から応援しています。代表の岩崎洋右様、岩崎美貴子様はじめ、活動に関わっていらっしゃる方、参加されている方に感謝したします。

2015-04-17 09:37:59

コメント(0)

ホロトロピックふれんどvol.1前半

ホロトロピックふれんどvol.3
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=393810957410367&set=a.115461855245280.6066.100003443980361&type=1&theater

当院で配布中です。


vol.1に載せていただいた文章です。(vol.1 前半)



ホロトロピック一体なんろう
ホロトロピックという言葉の意味は、おそらくどこかで読んり、聞いたりされると思いますので、ここでは自己紹介を兼ね私の個人的な体験を綴ることで、理解しいたきたいと思います。
私自身がホロトロピックという言葉を知たのは、矢山先生が主催されいるドクターヒーラー研究会(現・バイオレゾナンス医学会)で元ソニーの常務でコンパクトディスク(CD)やロボット犬のAIBOを開発された天外伺朗さんのお話を聞いたときでした。いきなり余談になりますが、天外伺朗さんの存在を知たのは、大学1年か2年の時、友人に天外さんの『「超能力」と「気」の謎に挑む』という本を借り読んことがきかけでした。ちょうどその頃矢山先生の「気の人間学」を読んでいたのですが、そのお二人がその後「ホロトロピックというキーワードで繋がることになるとは、夢にも思いませんでした。(それにしも医大の1年生が読む本としは”あやしい”ですね。
 小児科とし医師にな研修を受けいる間も、2ヶ月に1回奈良から佐賀の矢山先生のもとに通本当の病気の原因につい学んでいました。その一方で”あやしい”ことが好きな私は、当時から広がり始めた「スピリチュアルな世界」にも興味を持ヒーラーの方と知り合いになり、自分の前世につい考えたり、精神的に成長をするために様々な本を読んりしきました。そのなかでも大きな影響を受けたのは、「内観」でした。ヒーリングや内観を主催されいるグループに出会い、そこで通常のものをアレンジした内観を受けました。受ける前までは、自分は両親から愛されいると感じいたし、半分は興味本位、自分の勉強のためでした。が、その結果は自分でも驚くほど変化がありました。

2015-04-16 17:33:10

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1