統合医療やまのうち小児科・内科

佐賀市の 小児科 アレルギー 漢方 東洋医学なら 統合医療やまのうち小児科・内科

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
TEL 0952-33-8500

rss

トップページ»  当院のブログ

当院のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

お盆休みのお知らせ

お盆休みのお知らせです。

8/13〜8/15

を休診と致します。

なお、8/11,12も暦通り休診です。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
よろしくお願い致します。

 

2018-08-10 10:25:43

コメント(0)

講演のお知らせ

当院院長は園医、校医をさせていただいています。
その中の一つ「おへそこども園」で、今度講演会をさせていただくことになりました。

テーマは 「生きる力を高める子育て」手放す子育てが子どものやる気や生きる力を高めてくれます 
日時  9月8日(土)14時〜15時半
場所  おへそこども園2F
申込  https://peraichi.com/landing_pages/view/ohesokouennkai
 
入場無料 おへそこども園利用者以外の方もご参加いただけます





ご興味のある方は是非ご参加ください。

 

2018-08-07 14:44:08

コメント(0)

いいお母さんやーめた

8月に入りましたが、暑い日が続いていますね。
体力も消耗します。
しかも夏休み。世のお母さん達はいつも以上に疲れを感じているのでは・・??

子どもはエネルギーを溜め込み、家の中でも暴れる(こんなに暑かったら外には出られないし 汗)、
兄弟喧嘩は激しくなる、お昼ご飯も準備して、宿題の面倒をみて・・・っていつもより何倍もすることが
多いやん!ってなりますよね((+_+))なかなか試練の期間です。

そんな時こそ、お母さん(お父さんも、おばあちゃんも、おじいちゃんも)好きなことしましょう!
子どもがいるから子どもに合わせて・・・はナシです。
今、お母さんはこれがしたいから、するよ。と伝えたらいいのです。
お昼ごはんを、コンビニご飯にしても、お母さんがしたいこと優先です。
子どもが宿題をしなくても、気にしない。手放します。

今日の私は、ムスコが漫画ばかり読んで宿題をしないことも見ないふりして、お昼寝をしました。
私も気持ちよかったし、ムスコも怒られずに漫画読めてラッキー!そしたら、なんとムスコは
途中から勝手に宿題始めてました。私は寝てたのに(笑)そうやって、なんか勝手に上手くいく。

いいお母さんをしようとすると、エネルギー消費が激しいです。
だから、お母さんは常に自分優先。
自分優先して、楽しい気分になって、ニコニコしていたら子どもはそれでオッケーなのです。

自分の中でどんなお母さんが理想で、どんなお母さんであるべきっていう縛りがあるのか、
少し考えてみてください。それって、本当に必要?
しなくちゃ!って必死の形相で、イライラしてやっても、誰も幸せじゃないかも。
やりたくないことは手放す。やりたいことをやってエネルギー補充。
夏休みの状況こそ、その練習に最適かも!

さ、いいお母さんやーめた!


                                     (by ヨメ)

2018-08-02 19:03:31

コメント(0)

8月の休診のお知らせ

8月の臨時休診のお知らせです。

8月13日(月)〜8月15日(水)
お盆休みといたします。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
当日予約を受け付けていませんので、院内掲示、HP等で
あらかじめ休診の確認をしていただくようよろしくお願い致します。
ご協力のほど、よろしくお願い致します。

2018-08-02 18:42:30

コメント(0)

7月の休診のお知らせ

7月の臨時休診のお知らせです。

7/7(土)  福岡県春日市にてお話会のため午後より休診となります。

7/30(月)・7/31(火) 院長勉強会出席のため臨時休診といたします。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
当日予約を受け付けていませんので、院内掲示、HP等で
あらかじめ休診の確認をしていただくようよろしくお願い致します。
ご協力のほど、よろしくお願い致します。

2018-06-25 14:59:17

コメント(0)

夏至

今日は夏至ですね。
昼が最も長い1日となります。
今年はすでに暑い日が続いていますが、本格的夏がやって来ようとしています。
特に梅雨のこの時期、気圧や湿度の変化で体の不調を訴える方が多いです。
暑いので水分を取りたくなりますが、うまく排出できにくい時期でもあると思います。
頭痛、めまい、胃腸の不調が出てきた方は、水分の摂り方を見直してみるといいかもしれません。

太陽のエネルギーが長く降り注ぐ日。
太陽は誰にも平等にエネルギーを与えてくれています。
せっかくなので頂いて、暖かくなりましょう。(今日も暑いけど・・・汗)
 

2018-06-21 13:42:03

コメント(0)

大きな気づき

今日、やや体調不良でしたが、なんだか大きな気づきがありました。
いままで知識として、知っていたり、体感としても少しあったのですが、
くっきり、しっかり、リアルに体験しました。
自分のすべてを認めて、受け入れること
自分を大切にすること
自分を愛おしいと思うこと

自分のすべてとは、感情や思考だけではなく、五感で感じたことも全て

五感で感じたこととは、自分の認識できるこの世界ということ

そう思っていいよ、そう感じていいよ、と、全てを肯定すること

不快なこと不都合なことも拒絶しない。

自分が満たされれば、条件付きではない愛があらわれる。

母の愛 感謝

2018-04-12 18:40:38

コメント(0)

マイナスの感情を受け止める

前回、「マイナスの感情をしっかりと受け入れることから始めましょう。」と自分の感情を受け止めることをおすすめしました。
今回はその部分をもう少し詳しく考えていきたいと思います。

感情を受け止めること。

スピリチュアル界隈で有名なワークの一つである、セドナメソッドでは「感情を解放する」と表現されています。

他にも「感情を味わい尽くす」「感情を感じきる」という表現をする場合もあります。
全てに共通するのは、自分の感情を無視したり、我慢したりしないことです。
我慢しない、といっても、怒りを周囲にぶちまけるのとはまた違います。

感じたくない大きな痛みを「怒り」で隠していることも

怒り、悲しみ、不安感、恐れ、後悔、恨み、劣等感、罪悪感など、マイナスの感情は、できればそこにあってほしくない感情です。
普段はこういう感情が表れると、その不快な状態から逃れるために、心の奥に蓋をして見なかったことにしてしまいます。
また、周囲にその感情を悟られないように抑圧することもあります。

また、怒りはそのとき感じたくない感情を隠してしまうことがあります。
例えば、誰かに大切にされなくて「本当はとても寂しい」と感じている場合。
その寂しさが自分にとってすごく辛いものである場合、相手に対して怒りをぶつけることで、寂しいという感情をわざと隠してしまいます。
その辛さは、幼いころに傷ついた心の痛みを思い出して、大きな痛みとして感じてしまうからです。

そして、そういう痛みを感じるのがイヤなので、紛らわせるために、食べることで忘れようとしたり、ネットやテレビやゲームにはまったり、仕事に没頭したり、怒りに変えて解消しようとします。
しかし、自分の本当の気持ちを見ないようにしていると、潜在意識の中で気づかないうちに、マイナスエネルギーが増幅していきます。

そこで、感情をしっかり受け止めるということをおすすめしています。
第一段階としては、その感情に「怒り」「不安」「悲しさ」などと名前をつけて、「ああ自分は今、不安を感じているんだ」と現状を認識します。
何度か繰り返していると、徐々に「不安」という言葉では表せない、胸のあたりにある違和感や痛み、切なさ、苦しさの様な、不快な感覚だけに変わっていきます。

第二段階では、その胸のあたりにある言葉にならない不快な感覚を、名前を付けずに、その感覚そのものを味わうように感じてみましょう。

何度も繰り返していると、最初にあった不安感は消えるか、薄れるかしているはずです。
何度消しても出てくる感情は、幼いころの心の傷が関わっている事が多いです。
感情をしっかり感じる練習をしていると、昔の辛い記憶がよみがえることがあります。
そういうときは、「よくがんばってきたね」「もう大丈夫だよ」と自分自身をねぎらってあげましょう。

「感じる」ことは意識を「今」に向けること

感情をしっかり感じると心が軽くなっていきます。
次々に湧いてくる感情をすべてしっかり感じてあげることで、心はドンドン軽やかになっていきます。

「感じる」ということは、意識を今に集中している状態です。
僕たちは、常に今この瞬間を生きています。
しかし、頭はいつも過去や未来を「考え」てしまいます。
感情をしっかり感じるのは、思考を止めて感じる「Don’t think ,feel! (by ブルース・リー)」の修行を実践することです。
続けていると、ふと気付くかも知れません。
不快だと思っていたマイナスの感情は、実は、中に幸せが入ったギフトだったんだ! と。
勇気を持って受け取りましょう。

2018-04-12 18:24:27

コメント(0)

心の奥に眠る本氣を見つける

心の奥に眠る本氣を見つける

引寄せの法則が見直されているようです。
「ザ・シークレット」が流行った時は、我欲を叶える方法、お金持ちになる方法として、単に「真剣に願えば叶う」ものだと思っていました。

誰でも好んでつらい状況になりたいと思っているわけではありません。
しあわせになりたいと思っているはずです。
ただ、今つらいと思っている状況にあることも、もしかすると以前の自分(潜在意識)が望んでいたことかもしれません。

例えば、罪悪感をもっている場合。
「自分は罰せられて当然である」と思っていたり、幸せな状況が自分には「そぐわない」「不釣り合いである」と感じていたりする人は意外と多いようです。
つまり、潜在意識が幸せになることを拒んでいるかもしれないのです。
引寄せの法則の本質は、潜在意識が現実に反映するということ、そして、本当に大事なのは「何を願うのか」ということのようです。

お金持ちになりたいと、多くの人は思うと思います。
僕もそうです。
ではなぜお金がほしいのか? お金があったらどんな自分でいられるのか? どういう自分になりたいのか?

僕の場合は、心の余裕であったり、安心感であったりします。
それってお金がなくても既に、そこにあるものかもしれません。
問題はお金がないことではなく、満たされない思いがあること。
その満たされない思いを、お金で埋め合わせようとしているのです。

であるなら、願うべきはお金ではなく、満たされた自分になること、満たされた自分だったら何がしたいか? ということになります。
結局、「本当にやりたいことをやり、やりたくないことをやめる」ここに戻ってきます。

後回しにしてきた「やりたいこと」をやってみる

今、やりたいことがわからない場合でも、その思いは、必ず心の奥で「熱」と「輝き」をもって待ってくれています。
やりたくないことをやめると、輝きが増してエネルギーが増えてきます。
やりたくないこととは、やるべきだと思ってしていること、世間の常識としてやらなければいけないと思っていること。
乗り気がしないのに、習慣でなんとなくやっていることなどです。

やりたくないことをやめてみると、恐怖心が起きるかもしれません。
そこは勇気を持って手放してみましょう。
そして、5分でも良いので、普段は後回しにしてやっていなかったこと、好きなことをやってみてください。

気になっていた本を読む、テレビを見る、ぼーっとする、ショッピングをする等々。
普段こういうことをして時間を潰してしまっている人は、本を封印、テレビのスイッチを切る、片付けをする、無駄な買い物をしない。
と逆のことをしてみましょう。

自分の機嫌は自分の責任ひとの機嫌はひとの責任

幸せな現実を引き寄せるには、とにかく「いい気分 feel good」でいることが大切です。
無理やり思い込もうとしてもうまく行きません。
まずは、マイナスの感情をしっかりと受け入れることから始めましょう。
例えば「腹立つなぁ」と思ったら、「そうなんだ腹が立つんだね。
いいよ、そう思っていいよ」と、その思いを受け止めてあげましょう。
イライラ、不安、不満、悲しみ、つらさ、いやだなぁという気分、すべての思いを「そう思っていいよ」と言って全て引き受けます。

その上で気分を良くすることができる魔法の言葉を繰り返してみましょう。
「♪るんるるん♪らんららん♪」

調子の良い時に出てくる鼻歌でも構いません。
一瞬で気分が変わります。
いいことがなくても、いい気分でいることはできるのです。

ひとの機嫌ばかり気にしていたら、自分の機嫌を損ねます。
自分の機嫌は自分の責任です。
ひとの機嫌はその人の責任です。
自分が気分良く過ごせる工夫をしましょう。
良い気分には良い現実が訪れるのが、引寄せの法則なのですから。

2017-07-22 09:13:44

コメント(0)

佐賀新聞


佐賀新聞

2017-03-03 11:49:30

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5