統合医療やまのうち小児科・内科

佐賀市の 小児科 アレルギー 漢方 東洋医学なら 統合医療やまのうち小児科・内科

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
TEL 0952-33-8500

rss

トップページ»  当院のブログ

当院のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

佐賀新聞


佐賀新聞

2017-03-03 11:49:30

コメント(0)

水からの伝言 後半

水の瞑想

目を閉じて、ゆっくり呼吸をします。

心のなかに、きれいな湖を想像してください。

頭に浮かんだ感情や思考を湖にポチャンと落としてください。

その波や波紋が広がる様子を感じます。

思考や感情を追いかけずに、湖の水面の様子を見続けます。

波や波紋がおさまると心もシーンと静かになっていきます。

ざわざわが続いたり、激しい感情がおこった時も素直に、
その状態を波として表現しましょう。

「ああ、自分の心はこういう状態なんだ」と受け止めるだけでも、
少し落ち着きやすくなります。

この瞑想を繰り返していると、波が起きる原因が、
欲(損得)や執着(こだわり)であることに気づけるようになります。

 
自律訓練法

背景公式:気持ちがとても落ち着いている

第1公式:手足が重い

第2公式:手足が温かい

第3公式:心臓が静かに打っている

第4公式:呼吸が楽になっている

第5公式:お腹が暖かい

第6公式:額が涼しい

これらの公式を順に心の中で繰り返し唱え、自己催眠状態になっていく方法です。

自律訓練法は、疲労回復、ストレス緩和、仕事や勉強の能率向上、
抑鬱(よくうつ)や不安の軽減などの効果がある。

また、心身症、神経症などの精神科、心療内科領域の病気にも効果がある。

自律訓練法は自己催眠への誘導法であるので、
変性意識状態の体験、多幸感の体験、深いリラックス状態の体験などがある。

(出典:Wikipedia)

2016-10-18 16:42:56

コメント(0)

水からの伝言 前半


湖の水面がピターッと鏡のように静まっている……そんな心の状態になった事があります。

高校生の時、勉強がいやで、何とかして楽に、
効率よく勉強する方法はないかと色んな本を読んでいて
(そんな暇があれば単語の一つでも覚えろよっ! というツッコミはなしで)、
その時「自律訓練法」というものが存在することを知りました。

 

早速、実践してみたのですが、最初はなかなか集中できません。

雑念が多すぎてうまくリラックスができないのです。

ベッドに横になって、手だけリラックスする練習、足だけリラックスする練習、
と少しずつ練習を重ねました。

そして何度か繰り返しているうちに、冒頭のように心がシーンと静まる体験をしたのです。

雑念がなく、ただリラックスしている状態でした。

しばらくその状態を楽しんでいましたが、ふとこのまま戻らないかも?と思ったら、
その状態から抜けてしまいました。

その爽快感と好奇心で、しばらく自律訓練法を繰り返しましたが、
心がシーンと静まる感覚はなかなか再現できませんでした。

今思えば、その状態になりたいという欲が強すぎて、ダメだったのだろうと思います。

 

瞑想すればそうなれるかも? と思い、瞑想についての本を読んで実践したり、
リラックスする音楽を聞きながら、気持ち良い自然の中にいるイメージをしてみたり、
試行錯誤していました。

瞑想もイメージングも、それぞれにある程度リラックスはできるのですが、
あの時のようにはできませんでした。

その後、何年も経ってから、想念観察という瞑想法を知りました。

想念観察を断続的に実践していたある時、深い瞑想状態になり、光のイメージを見ました。

おそらく魂の光をイメージとして見たのですが、すべての魂は大海でつながっていて、
ひとりひとりの人間は大海の上の波のようなものだと感じました。

大海は全てを肯定し、全てを受け入れる、愛そのもの。

ひとはみな、その愛そのものであるのに、波の形や大きさや色を気にして比較し、
ないものを探して欲しがったり、批判したりする存在だと気づきました。

2016-10-17 18:08:41

コメント(0)

チメロサールフリーのインフルエンザワクチン

今期2016-2017のインフルエンザワクチン

今シーズンのインフルエンザワクチンは、国内ではチメロサール含有ワクチンしか製造されません。

通常のインフルエンザワクチンをご希望の方は、電話で予約してください。


 

接種回数 6か月~12歳 2回 13歳以上 1回または2回

2回接種時の接種間隔 2~4週間


 

1回目 3800

2回目 3300


 

チメロサールフリーワクチンについて

当院では、例年できる限りチメロサール(水銀含有保存料)を含まないインフルエンザワクチンを使用してきましたが、今年は熊本大地震の影響やインフルエンザ株の増殖が弱いなどの理由で、国内でチメロサールフリーワクチンが製造されないことになってしまいました。今年はチメロサール含有ワクチンしか入手できません。そこで急遽、チメロサールフリーワクチンを個人輸入することにしました。

ご希望の方は、予約の際、チメロサールフリーワクチン希望と伝えてください。数量に限りがあるため、もし希望が多くなった場合は、妊婦さん、妊娠希望の方、乳児、慢性疾患の方、その他の特別な事情がある方を優先します。お問い合わせください。

メリット:チメロサールフリー、アルミニウムフリー

デメリット:日本国の認可をうけたワクチンではないので、副作用が出た時に、国の救済制度は利用できません。輸入会社独自の補償制度はありますが、そこまで手厚い補償ではありません。自己責任で接種を受けてください。チメロサールフリーワクチンに関しては接種回数、接種間隔はアメリカの方式にそって行います。

接種回数 6か月~8歳 2回 過去にインフルワクチンの接種があれば1回

        9歳以上1回

2回接種時の接種間隔

      1ヶ月以上


輸入インフルエンザワクチン

1回目 5600

2回目 5100

2016-09-29 16:22:59

コメント(0)

心の扉を開く

心の扉を開く

「心のストレスを減らすと、病気が治りやすくなりますよ」

「心のストレスが少ないと、病気になりにくいですよ」


結局、僕がみなさんに伝えたいのはこれです。

心のストレスを減らすこと≒心の扉を開けること、です。


心が開いた状態で思いついた言葉を届けたいと思います。

心に響く言葉があれば、その言葉を心のなかで繰り返してみてください。


心の扉を開いた時、そこにあるのは

・何の気負いも、緊張も、深刻さもない、素のままのリラックスした自分。

・「頑張らなくても、そのまんまの自分でいていいんだよね」という自分を許す心。

・「何の根拠もないけれど、そんな自分で大丈夫」という本当の自信。

・「自分って素晴らしい。ひとってみんな素晴らしい」という気持ち。

・「自分って腹黒い、そんな自分でもいいよね。
 実は、みんなも少しはあるよね?それでいいよね!」という人生を楽しむ気持ち。

・すべてのものを否定しない、み~んな◯、全部◯の世界。

・いま、ここ、あるがままを楽しむ気持ち。

・「風が心地よく吹き、日差しも暖かく包んでくれる。
 世界って優しかった!!」という気づき。

・見るほどに みなそのままの 姿かな 柳は緑 花は紅 by一休


心が開くと

・「自分が」という自力が薄れて、「おかげさまで」という他力が増えます。

・何でもコントロールしようとする無駄なエネルギーが減って、
 流れに身を任せる「知恵」がつきます。

・余ったエネルギーで、やりたいことができるようになります。

・我慢して言えなかったことが、言えるようになります。

・批判する気持ちが減って、穏やかになります。

・肩こりや頭痛が減ります。手足が温かくなります。健康になります。

・何かが足りない、と思っていた心が満たされます。

・孤独感が消え優しさに包まれます。

・問題が起きても「まあいいかぁ」と慌てなくなります。


心を開くって

・自分の弱みを認めて、人に見せるということ。

・頑張って築いてきた、プライドを捨てること。

・プライドに頼りたくなる「心の弱さ」を認めること。

・世間から白い目で見られないように着ていた「心の鎧」を脱ぐこと。

・常識を捨てて、自分基準を取り戻すということ。

・「~すべき」というこだわりの気持ちを手放すこと。

・「ちゃんとする」をやめて、「やんちゃ」「おてんば」な自分を取り戻すこと。

・「いい人」を演じるのをやめて、本当にやりたいことをすること。

・「心が無防備な状態でも大丈夫!」と周りの人、世間を信じること。

・過去の後悔、未来の心配を手放すこと。手放せなくても、
 「後悔、心配があってもいいよ!」と、その感情と戦わないこと。

・人の批判をしないこと、自分を責めないこと。

・流れに身を任せること。

・トキメクことを優先すること。

・「頑張る」は今の自分のままではダメという自己否定だから、頑張らないで楽しむこと。


心の扉を開けることができるようになると、身も心も軽くなりますよ。

2016-08-05 10:21:08

コメント(0)

失って初めて気づいたこと

漫画家で医師の手塚治虫先生。

みなさんもご存じだと思います。

マニアというほど、なんでも知っているというわけではありませんが、
物心ついたときから実家にはブラックジャックの単行本が数冊、
オモチャに紛れて、無造作においてありました。

幼いころはテレビで「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」「ふしぎなメルモ」
「悟空の大冒険」「リボンの騎士」などを見ていたのを覚えています。

中学・高校時代になると、自分の小遣いは、
ほとんど本とマンガに費やしていました。

もちろん、手塚先生のマンガも大好きで「三つ目がとおる」「どろろ」
「火の鳥」「アドルフに告ぐ」「陽だまりの樹」など、何度も繰り返し読みました。

高校生になって「朝日ジャーナル」という雑誌に
「ネオ・ファウスト」が連載されているのを見つけて、
図書館で読むのを毎号楽しみにしていました。

 

「心にぽっかり穴が開く」を体験し存在の大きさを知った

 

平成になって間もなく、手塚治虫先生の訃報をニュースで知りました。

そのとき初めて「心にぽっかり大きな穴があいたような」
という言葉の意味を、「本当にこんな風に感じるんだ」と体感しました。

手塚先生が自分にとって、それほど大きな存在だったのかと気づかされました。


最も印象深い手塚作品は、やはり「ブラックジャック」。

特に記憶に残っているのは、ブラックジャックの恩師である
本間丈太郎医師のことばです。

「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんて
おこがましいとは思わんかね」こんな言葉を
幼いころから当たり前のように読んでいたのだと、自分でも驚きます。


手塚作品では、主人公が葛藤することが多く、
生死について考えさせられるものもたくさんあります。

それは僕が医師を目指したきっかけにもなっています。

また医師を目指すうえで、「本当の医療とは」ということを常に考えていましたが、
その原点はブラックジャックだったのだと改めて思い起こしました。


「あなたの大切な人」と聞いてストレートに頭に思い浮かぶのは、
妻と子ども、そして両親です。

家族に対しては、感謝しかありません。

家族から見れば、普通の医者(?)の道を外れて、
どんどんおかしく(笑)なっていく僕を見ていて、不安いっぱいだろうと思います。

今のところ反対せずに見守っていてくれている(たぶん)のは、
本当にありがたいことです。


プレマさんのミッションである
「あなたが大切に思う人をあなたが大切にできるようにお手伝いしたい」
という言葉。

何度読んでも、よく考えられた素晴らしいミッションだと思います。

うちの医院では「お母さんの元氣が家族みんなの元氣」として、
お母さん(母なるもの)がイキイキと幸せになることが、
子どもの幸せにつながると考えて、診療しています。

 

お母さんがイキイキして幸せになると家族も幸せ

 

ときに精神的にも肉体的にも、とても疲れている親御さんがいらっしゃいます。

がんばってもがんばっても、幸せを感じられないようなときは、
がんばるのをやめてみましょう、とアドバイスしています。

「がんばる」は「我を張る」に通じます。

自分一人でがんばらずに、周りにいる人に助けてもらいましょう。

「もう無理」って言いましょう。

「がんばる」は、そのまんまの自分ではダメと、自分にダメ出しをしています。

「そのまんまの自分でOKだよ」「よくがんばったね」と自分を認めてあげましょう。

こういうアドバイスを通して、お母さんたちの笑顔を増やしていきたいと思っています。

2016-07-23 15:36:09

コメント(0)

全てに◯(マル)をつける

全てに◯(マル)をつける

自己肯定感を高めることが幸せになり、子育てもうまくいく秘訣として紹介してきました。そうはいっても育児でついイライラが爆発したり、ずっと子どもと一緒にいると自分だけが取り残された感じがしたり、仕事をしていても、人間関係で悩んだり、毎日同じことの繰り返しで、気分が落ち込んだり、ため息ばかりついていたり、どうせ自分なんてと自己肯定できないことがあると思います。僕自身も、イライラが止まらなかったり、今日はブルーだなぁと感じることがあったりします。そういう時は以前、このコラムでも紹介した自分の感情を肯定する方法を実践しています。

(らくなちゅらる通信vol.90扁桃体の再教育と引き寄せの法則3で紹介した方法● 書籍「魂レベルですっきり解決」 みやがわみちこ著自分の中にわいてくる感情ひとつひとつに、『いいよ いいよ それでいい』と言ってあげる。『本当にそれでいいのかな?と不安になる気持ちも、いいよ いいよそれでいい。 そう思って、それでいい。』『自分がどんな感情を感じても、いいよいいよ それでいい。 あるがままで、それでいい。』自分の感情をいったん全部受けとめる。自分の感情と戦わない。これが究極の認め方だよ。)

この方法は、日々の診療でも、精神的なストレスを持つ患者さんに紹介しています。自分でも徹底的にやっていて、あることに気づきました。自分が認識できる世界は、「目に映ったもの」「五感が認識したもの」「テレビや新聞やインターネットから得た情報」「自分が思っている世界観」などです。結局自分の内面のすべてイコール世界そのもの、宇宙そのものなんです。自分の内面に湧き上がった思いや思考をすべて肯定するということは、自分の外側の世界もすべて肯定するということなのです。

頭はいつも差(違い)を見つけては、自分が良いと思う方に◯、嫌だと思う方に× をつけています。それって実は、宇宙の営みに対して、抵抗し、反抗し、裁いているのと同じです。宇宙にケンカを売って、様々なものにダメ出しをして、自分の周囲をなんとか自分の思う通りにコントロールしたいと思っているのです。それに気づいた時「うわっ、なんて傲慢だったんだ」と思いました。

自己否定する人は、宇宙の営みの一部である「素晴らしい」はずの自分にダメ出しをして、人に合わせないといけない、空気を読まないといけない、どうせ自分なんて、と言っているのです。自分を卑下しているようで、実はすごく傲慢なことなのです。 宇宙を神様と読み替えてみてください。そんな人が幸せな自分を見つけられるでしょうか?

もうあきらめましょう(笑)。どんなに言い訳してみても、みんな、素晴らしい宇宙の営みの一部なのです。尊敬するあの人も、大嫌いなあの人も、世界で起きている心温まる出来事も、悲しい出来事もみんな宇宙の営みの一部です。

すべての人や出来事に対して、まあいいか、そんな人もいる、そんなこともあるよねと認めて、「みーんな○(マル)」と心の中でつぶやき続けてみてください。

2016-07-12 15:37:07

コメント(0)

答えは自分が知っている2

答えは自分が知っている2

心の声を耳を澄まして聞くと、ストレスを減らすことができる

注意深く自分の思考を見つめていると、批判、執着、不満、欲で頭がいっぱいになっていることがあります。そういう思考はイライラ、不安、心配、焦り、嫉妬などの感情を引き連れて来ます。いい気分ではありません。

そしてこの思考は、頭(マインド)からやってきます。頭が考える基準は、基本的には「損か得か(欲)」です。「損したくない!! ちょっとでも得するためには?」と、「あ~でもない、こ~でもない、さあどうしよう」という思考で頭がいっぱいになるのです。一方、頭の声とはすこし違う感覚で、心の声(ハート)というものがあります。ハートの声はとても小さい声です。

マインドは言葉で考えるのが仕事です。大きな声で聞こえます。一方、ハートは感じることが仕事です。声なき声で「いい感じ、悪い感じ」を感じています。ハートの声はほとんどの場合、マインドの声にかき消されてしまいます。

ハートの声は子どもの頃の無邪気なままの自分です。元気いっぱいの子どもの行動を見ていると、「このオモチャ欲しい」「あの子嫌い」「もっとしたい」と大人から見るととてもわがままに感じます。でも子ども自身はとてもイキイキとしています。私達は大人になるに連れて、こういった自分の「~したい」や「好き嫌い」を押し殺して、周りの空気を読んで、打算や計算をして、損得(マインド)を基準に行動する様になってしまいました。ただ、この押し殺された「~したい」や「好き嫌い」が気づかないうちに、心の底に溜まっていって、大きなストレスになるのです。

マインドはハートの「~したい」を巧妙に隠してしまいます。「~したい」と思った直後、「イヤイヤ、そんなことしたら……」と世間体、常識、マナー、モラル、損得を理由に「~したい」をなかったコトにしてしまったり、偽物の「~したい」に変換してしまうこともあります。常識的でマナーに反しないことで、損をしないことに変換してしまうのです。

心の声をかき消してしまうマインドの声には、恐れがあります。そんなことしたら、嫌われるかもしれない。そんなこと言ったら、一人ぼっちになるかもしれない。無視されるかもしれない。叩かれるかもしれない。etc

その恐れは子どもの頃にプログラムされた思いなので、大人になった今は、もう必要のないものがほとんどです。恐れを乗り越える勇気を持って、子どもの頃のイキイキとした気持ちを取り戻しましょう。自分の「~したい」に正直になる勇気を持ちましょう。

注意

 急に「~したい」をやってみると言っても、お酒いっぱい飲みたい、ギャンブルしたい、美味しいものが食べたい、などは偽物の「~したい」が紛れているかもしれません。見分けるには、やったあとハッピーになるか?トキメクかどうかで見極めるしかありません。何度かやってみて、反省したり、後悔するようなことは本当の「~したい」ではありません。

逆にあまり人に褒められるようなことではなくても、後悔も反省もなく、やればやるほどハッピーになり、トキメクことなら、ドンドンやりましょう。

2016-07-08 11:00:47

コメント(0)

お久しぶりでーす。〜答えは自分が知っている〜

気がつけばもう7月!!
ブログ少しずつでも進めていきたいと思います。

とりあえず、たまっている「らくなちゅらる通信」の記事を投稿していきます。
合間に時々、日記や気づきを書いていく予定(!?)です。


答えは自分が知っている

毎日の診療にゼロサーチというエネルギー検知装置を使って患者さんを診ています。漢方薬や西洋薬を組み合わせて一人ひとりの患者さんにあったお薬を処方するようにしています。
 このゼロサーチをつかった診察をしていると、患者さんの体に起きていることを、読み取っているように感じる時があります。別の表現をすると、体や脳と会話をしているように感じるのです。このゼロサーチもすごいのですが、ほんとうにすごいのは、人の体がココを治して欲しい!
 と訴えているということです。実は、人の体や脳は、どこが悪いのか、どうすれば治るのか知っているようなのです。体が欲する薬や物質を持つと、それだけで気の流れが良くなります。ゼロサーチを使ってピタリと合うお薬が見つかれば、思っている以上に早く体調が良くなる場合があります。人の体ってすごいなあといつも感じます。そしてこうした微細な感覚はすべての人に備わっています。

自分の体にとって良いか悪いかを知る、簡単なチェック方法があります。体に良い物を持つと、筋肉の柔軟性が上がり、動きが良くなり、力が強く入るようになるという反射が起きます。(気ー筋力反射 byDr.矢山)また呼吸は普段よりも深く入る感じがします。この反応を利用して、呼吸の入りやすさで体に良いものと悪いものを見分けられるのです。

  1. 1)ゆっくりと腹式呼吸を数回おこなう。
  2. 2)鼻をゼロ、下丹田を100と仮定して、息を吸った時にどれくらい深く入るか感じ取る。
  3. 3)体に良いもの(無農薬の玄米など)を持って、どれくらい深く入るか確認する。
  4. 4)体に悪い物(殺虫剤など)を持って、良いものとの差を感じる。呼吸が浅くなるはずです。

O-ring(オーリング)テストも同じ「気ー筋力反射」を利用していますが、一人で簡単に「あやしくなく」(笑)できるので、是非繰り返しやってみて、日常で使えるようになりましょう。ただし、色んな物の良し悪しがわかるようになると、普段のスーパーでの買い物などに非常に困るようになります。買えるものがなくなっていくのです。(プレマさんは本当に貴重な存在です。いつもお世話になっています。)でも、みんなが良い物を求めるようになると、生産者側も本当に良い物しかつくらないようになるはずです。みんなで、質の良い物を買うようになると世界が変わります。

ここまでは物質と体の反応についてのお話でした。実は、皆さんの心も、問題を解決し幸せになる答えを知っています。心の声を、耳を澄まして聞くことで、ストレスを減らすことができるのです。その心の声を直感とも言います。

(つづく)

2016-07-05 15:32:52

コメント(0)

最近の気付き

最近の気付き



人は大海の小波

大海は全肯定の世界「ある」の世界

小波は大海の一部なのに、外の世界にないものねだりをしている

自分が大海であると気づけば、すべてはそこにある

あると思えなくても、自分は大海の一部で

どうやっても切り離せないことを受け入れてみる

「ある」の世界で、アレが欲しいコレが欲しいと「ない」を演じている

ただ「ある」の世界でも、頭をぶつければ痛いし、人から嫌なことをされることもある

それも小波がぶつかり合っているだけで、大海の一部であることにはかわりない

絶対安心の境地は、常に自分のすぐ横にあって、気づかれるのを待っている
 

2016-03-18 18:35:55

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5